寝れない時の寝る方法について

寝れない原因は?

 

寝れないには、それなりの原因があります。その中でも3大原因というと、精神的ストレス寝る前のスマホやパソコンいじり、そしてもう一つが不規則な生活というデータも出ています。他にも睡眠を邪魔する症状をもつ花粉症アトピーなどの疾患から、鬱病のように不眠を伴う病気などいろいろあります。しかし多くの場合はこの3つの原因にかかわっているとのこと。そこでこの3大原因に対応した、スムーズな睡眠法をご紹介しましょう。

寝る前の入浴

寝る前にぬるめのお湯にゆっくり入るようにしましょう。全身心も身体もゆったりすることができます。昼間のストレスによって交感神経が優位になってしまい、副交感神経とスムーズにチェンジできなくなってしまうため、寝る1時間程度前までに入るようにしましょう。このときに自分の好きな香りのアロマオイルなどを数滴お湯に入れてはいかがでしょう。

 

寝る前のストレッチ

寝る前のストレッチはハードなものではなく、ゆっくりと筋肉を伸ばしてリラクス状態に導くものを選びましょう。まず開脚をし、左の足は膝を折って自分に引き寄せておきます。この場合は上半身を右に倒しましょう。両手は伸ばしている右のつま先をつかむようにしますが、手が届かなかったら届くところまででOKです。右足の膝の下を伸ばし、腿からヒップに掛けて伸びていきます。また反対も交互にやってみましょう。

 

もう一つは床に座り両足を折り曲げ、足の裏同士を合わせます。それを両手でつかみ、上半身を前に倒していきますが、ゆっくり倒し3秒程度キープしてゆっくり戻していきます。これも数回行いますが、ゆっくりとジワーッと筋肉を伸ばすイメージで行いましょう。

 

寝る前に温かいドリンクやサプリを

寝る前にホットミルクやホットココアを飲みましょう。体が温まると自然に寝る体制に入りやすくなります。また睡眠のためのサプリを摂取するのもおすすめです。人気のグリナでぐっすりサポート|初回限定500円でお試しもできます。これなら安心して試すことができそうです。

 

香りの気に入ったシャンプーを使う

睡眠前のお風呂で香りの気に入ったシャンプーを使いましょう。好きな香りの囲まれて睡眠に引きこまれます。これも一種のアロマ効果があり、特にシャンプーの香りは寝る時間だという信号が送られやすいということもあるようです。

 

就寝1時間前を睡眠準備時間にする

就寝の1時間程度前には照明を暗く落とし、ゆっくりリラックスタイムをつくるようにしましょう。布団の中で読書をしたり、音楽を聞いたりするのもおすすめです。こんなときには眠りのための音楽やスピリチュアル音楽などを選ぶといいでしょう。スムーズに睡眠に引きこまれるようになるでしょう。